猫背を矯正するコツとは?正しい姿勢は、心と体の健康のバロメーター・・・

この記事は2分で読めます

 

人が立っている時、脚の後ろ側から背中にかけての筋肉が
すんなりと伸びている状態が、最も美しく見える姿勢です。

そして、美しい姿勢は、イコール、正しい姿勢になります。

姿勢は体の美しさでけでなく、心の状態を左右するものです。
心身の健康の為にも、悪い姿勢は、矯正していものですね。

スポンサーリンク

正しい姿勢で歩いているかどうかを見極めるには
いつも履いている靴の靴底を見るとわかります。

 

チェックする箇所は、3箇所。

1、かかとの外側後部が減っているか
2、足の前半分の外側が減っているか
3、つま先の足指部分が減っているか

 

この3箇所が、平均して減っていれば、
いつも、正しい姿勢で、歩いている証拠になります。

 

 

3点が平均して減るような歩き方は、
あおり足歩行と呼ばれ、正しい姿勢でないと
不可能な歩き方です。

 

 

 

正しい姿勢に対して、悪い姿勢の代表が、いわゆる猫背です。

 

猫背は背骨全体の問題で、原因は背骨の老化や骨粗鬆症など。

 

猫背になると椎間関節の前方が狭くなるため、
背骨全体としては円形になってしまいます。

 

また、猫背姿勢では、頸部が前方に押し出されるようになり、
いわゆる顎もあがってしまう事になります。

スポンサードリンク

 

 

こうなると、首周辺の筋肉だけでは頭部を支えきれなくなり、
背骨はさらに丸くなります。

 

 

背中が丸まった状態から、首や肩の周囲の血流が悪くなり、

そして、血行の悪さから、冷えを起こしやすくなります。

 

また、背中が丸くなり、首を前方に突き出す姿勢の為
顔の皮膚を、引っ張る作用が働き、顔のたるみの原因にも。

 

 

背中が丸まって見えてしまうと、どことなく
老けて見えてしまうものです。

しかし、猫背の人でも、簡単に姿勢を矯正するコツがあります。

 

顎を引くこと、ちょっと顎を引くだけでも、

重い頭部が背骨の上の正しい位置に戻るため、背筋は自然と伸びてきます。

 

 

その際、体重をつま先にかけるようにすると、
背中が緊張してピンと伸びるのがわかります。

 

 

女性の場合は、ハイヒールをはいたときの、
背中がピンと伸びた感じが、まさにその感覚と同じです。

 

また、正しい姿勢は、正しい心の状態によってもつくられます。

 

 

心が明るくなると、自然と胸が張り、背筋が伸びてきます。

また、歩き方も大股歩きになる。
大股歩行では、やや反り身になるため、猫背になりにくいです。

 

逆に、心が消極的でうつむき傾向になり、肩をすぼめて、
上体も自然と丸くなります。

 

 

歩き方も小股開きになる。すると猫背になりやすくなることに

体型は心のうつわです。
心の状態は、必ず姿勢に現れるものです。

 

少し、目線を上に向けるようにするだけでも
大分違うものです。

スポンサードリンク
  • 2017 05.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp