疲れ目解消法・瞬き体操、ぐるぐる体操についての味木幸(あまきさち)先生のお話

この記事は3分で読めます

 

スマホやパソコン、それにLEDなど
気がつかないうちに、目を酷使している現代人には
慢性的な目の疲労を感じている人が多いようです。

自分が思っている以上に、目に負担をかけてしまい
それが、視力の低下や様々な目の病気を招いてしまう
要因にもなっているようです。

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
「近視、老眼を放っておくと脳がバカになる」という
本の著者である

あまきクリニック院長の味木幸(あまきさち)先生が出演。
疲れ目解消で、体も脳も健康に題して
お話をされていました。

 

 

味木幸(あまきさち)先生のお話

 

疲れ目で、頭痛、肩こり、倦怠感の原因になるということを
聞きましたけれど、これはやっぱり、本当ですよね?

 

そうですね。逆もありまして、肩こりが
なおってないと、疲れ目もなかなか、治らないんですよ。

だから、卵が先な鶏が先か

とにかく、目を使う機会が増えましたもんね。

 

パソコンも携帯電話も皆さん持ってますし

しかも、それからLEDも出てますし
凄く、目が緊張しますね。

 

環境には、いいんでしょうけど、

 

 

LEDは、目にはダメージを与えることもあるんでしょうか?

 

そうですね。
交感神経の働きが強くなって、ストレスがかかったり
それで、頭痛、疲労、不眠、内蔵の不調
などが引き起こりますね。

 

 

ということは、自律神経失調症になっちゃう?

 

そうなんでよ、バランスが崩れてしまうんですね。

人間は、もともと動物なので
目は、動かしていただくということが大事です。

 

そうですね。物理的に、上下左右
ぐるぐるという形で、動かすということと

遠くを見たり、近くを見たりするという動かし方の
二つのことがポイントです。

 

 

窓ガラス越しでもいいんですか?

 

あ、いいですよ。

 

 

瞬き体操と、ぐるぐる体操は、具体的にどうやればいいですか?

 

まず、瞬き体操は、空振り瞬きをしている
というのを治そうというものなんですけど

空振り瞬きというのは、下に涙がたまっているのを
上まぶたが接して、上に涙を持ち上げてくれるというのを

スポンサードリンク

 

あまり、パソコンを凝視していると
見なくなっちゃう、やらなくなってしまうので
それを避けましょう。ということで

一回、目を閉じて、
1、2、3と数えて、少しあげる
それを繰り返していく、ということですね。

 

 

これは、思いっきりあげたほうがいいですかね?

 

そうですね。思い切りあけて、
閉じていたただくと、それもまぶたの運動になりますし

普通の顔して、軽く閉じていただいて
開けるのでも大丈夫です。

 

 

これ、何回ぐらい繰り返せばいいですか?

 

そうですね、こまめに、10回ぐらい
繰り返していただければいいですね。

 

 

あと、ぐるぐる体操というのはどうすればいいのですか?

 

ぐるぐる体操は、目をぐるぐるさせるので
気持ち悪く人がいるんで

ま、閉じてやっていただくんですよ。

 

上下10回、左右10回
右回り、左回り、10回ずつという形で

で、電車の中にいるときでも、できますし
目のまわりの、筋肉を使うので、それにともなって
まぶたの周りのがんりんきんも動くし

 

あの循環がよくなるんです。

 

 

 

お風呂につかった時とかに温めますよね。

例えば、首のうしろとか、目の上に
ホットタオルを載せていただくのが一番いい。
簡単ですが、かなり効果があります。

 

基本的には、循環をよくするためにあっためて

でも、お風呂からあがって
冷たいタオルというのもいいし、

冷たいのが気持ちいい人は、冷たいのでもOK

 

 

温泉に入って、温かいところから、冷たいところへ
繰り返すじゃないですか
あれで、血行がよくなります。

 

 

 

近視や乱視や、老眼の矯正が
うまくいってないということがありますかね?

 

はい、そこが基本で、
眼科専門の先生に見てもらって、
大丈夫ということであれば

それを試していただいて
あるいは、試してダメだったら
眼科医に行きましょうということでしょうね。

 

 

 

 

目を凝視して、動かさないのが良くないようです
目の周囲にある末梢循環が悪くなり、

必要な栄養や酸素が行かなくなることで
代謝が悪くなってしまうのがよくないようですね。

 

瞬き体操と、ぐるぐる体操をやりながら
目に疲労を感じたら、無理をしないで
休ませるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 04.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp