血糖値を上げない食生活と抗糖化素材とは?血糖の急上昇、食後血糖値は、特に注意!

この記事は2分で読めます

 

老化の危険因子である、糖化反応をストップさせる為には
普段の食生活を見直し、食後、急速に血糖値を
あげすぎないようにすることが大切です。

食事から摂った炭水化物(糖質)はブドウ糖に分解されて
血液中に取り込まれ、血液を通じて全身に運ばれ、
膵臓から分泌されたインスリンによって細胞に取り込まれます。

スポンサーリンク

空腹時の血糖値は100mg/dl前後ですが、
食後は健康な人でも160mg1/dl程度まで上昇します。
その後2時間程度で元に戻ります。

ところが、過食や一気食いや早食いなどで血糖値を
急上昇させたり、間食などをすると、
食後も高血糖状態が長く続いてAGEsが増加しやすくなります。

 

 

こうした状態が長く続けば、やがてすい臓が疲弊して
インスリンの分泌や働きが低下し
糖尿病になっていくわけです。

高血糖や血糖の急上昇を防ぐ食べ方は、
炭水化物のとりすぎに注意し、ゆっくりよく噛んで
食べるという事が大切です。

 

 

その他には、胃から小腸への移動を遅くする、
食物繊維の多い野菜や海藻、キノコなどを一番先に食べ、

次にタンパク質の多い肉や魚、
最後に炭水化物を食べるという食べ方が、

血糖値の急上昇やインスリンの分泌が
抑えることが知られています。

 

 

ただ、食べる順に従うという少々ストイックな
こうした食べ方は、多少のストレス、味気なさもあります。

スポンサードリンク

ただ、糖化ストレス研究センターの
八木准教授らが行った実験によると、

 

炭水化物を極端に制限したり、
食事の順序を無理に変えたりしなくても、

食物繊維やタンパク質、脂質をうまく
組み合わせることで、

美味しく食べながらも糖化を
抑えることもわかっています。

 

 

 

高GI値食品に注意!

 

食品から摂った炭水化物50gが血液に入るまでの
スピードをグルコースを100として比較し
数値化したGI値は、

数値が大きいほど血糖が速く上昇することを示しています。

 

 

甘いものやスナック類はすぐ血中に溶けて
腸に到達して血糖値をあげます。

 

甘いチョコレートのGI値は91に対して、
ブラックチョコは22です。

主食は、白より黒、未精白の玄米や全粒粉パンより
GI値が低く、蕎麦もうどんより低くなっています。

 

 

野菜のなかでも、じゃがいもやとうもろこし、
かぼちゃも炭水化物が多くGI値が高いので、摂り過ぎには
気をつけます。

 

にんじんもGI値が高めですが、炭水化物が
少ないので大量にとらなければ問題ありません。

 

 

 

抗糖化素材トップ3

 

発酵食品では、豆味噌、赤ワイン、ゴーダチーズ

野菜・ハーブでは、モロヘイヤ、フキのとう、新生姜

お茶類では、玄米茶、紅茶、甜茶

フルーツでは、ライム、かりん、スターフルーツ

スポンサードリンク
  • 2017 05.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp