快眠へと誘う生活習慣(食事と運動)ストレスで眠れない時は快眠ヨガを

この記事は2分で読めます

 

日中に溜まった疲労やストレスを解消するのに
最も効果的なのが睡眠です。

夜は、心身ともにリラックス状態にして
ストレスや疲労などは、その日のうちに解消することが大切です。

スポンサーリンク

翌日に持ち越してしまうと
リラックスしようとしても、できなくなり

それが、交感神経の緊張状態、
血管の収縮、血流の悪化、そして、冷えなどの
身体の不調を招くことになります。

 

快眠へと上手に誘導させる為の工夫が必要です。

 

快眠を誘うための生活習慣として、食事と運動について

 

まずは食事とストレスです。

これは単純なことかもしれませんが
脳が栄養不足になると脳の働きも当然、悪くなります。

 

そこで、睡眠をとる為の準備として
考えなければいけないのが就寝何時間前までに
食事を済ませるべきかということです。

 

人間の体は、交感神経と副交感神経という
二つの全く異なった働きをする自律神経があります。

 

交感神経は活動しているとき
緊張しているとき、ストレスを感じているときなどに働く神経。

 

副交感神経は、休息しているとき
リラックスしているとき、眠っているときなどに働く神経

 

 

この2つがバランスよく働くことで質の高い睡眠を
とることができるのですが、睡眠直前まで食事をしていると

 

睡眠中に消化器官が活発に働くことで
交感神経が活性化してしまい、快眠が妨げられてしまうので
脳がしっかりと休むことができなくなってしまうのです。

スポンサードリンク

 

 

そこで、最低でも就寝2~3時間前までには、
食事は済ませておくようにしましょう。

 

その一方で、お腹があまりにも空いてしまっていると、
この消化器官に血液が行かず、脳に血液が集まってしまうために
眠りを妨げてしまうことにもなってしますので、

 

やはり、腹八分目の食事を就寝3時間前までに
済ませるのが最も効果的と言えるでしょう。

 

また、朝食については、一日のスタートを
円滑にするエネルギー源として重要なことは、もはや
言うまでもありませがん、

 

脳のエネルギー補給という観点からも非常に重要です。

 

 

脳が一日の活動をトップギアで
スタートする為にも、朝食はシッカリ摂るようにしましょう。

 

さらに、朝食はよく噛むことができる
食事が脳を覚醒させるので、オススメなのですが

 

どうしても、時間がない場合には
果物やシリアルなどで、上手く栄養補給を
してみてはどうでしょうか。

 

 

 

ストレスで硬くなっている
心と体を緩めてくれるのに最適な方法が
ヨガなどの軽めの運動です。

 

心からのアプローチで、精神的なストレスなどを
解消しようとするのは、非常に難しいですね。

 

無意識に、マイナス的な思考や感情が
心のそこから湧き上がってきて
快眠を阻害してしまう要因になります。

 

意識的に自分でコントロールできる
身体の方から、アプローチしてみましょう。

 

快眠ヨガポーズ

スポンサードリンク
  • 2015 08.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp