痔の予防に必要な生活上の注意点(座り方等)肛門体操が効果的!

この記事は2分で読めます

2014y07m05d_113012205

 

痔の予防には 肛門に負担をかけない生活が必要です。
その為には、正しい排便習慣を身につけることです。
便秘をしてしまうと硬い便になりがちです。

一般に言われている便秘の解消法として
毎日決まった時間にトイレへ行きましょうと言われています。

その時間帯に自然と行きたくなる習慣をつけるのは大事ですが、
無理に出そうとすると逆効果になってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

便座に座ってみて、便意を感じないのであれば
無理にいきんで出そうとしないで、次の機会にするようにしましょう。

そして、便意があったら我慢をしないでトイレへ行くことです。
このタイミングを失って、排便のリズムを
乱してしまっている事も多いようです。

 

直腸に便がたまると大脳に情報が送られ、大脳から排便する旨の
指令が発せられます。ところが、大脳からの指令を無視し続けていると
次第に排便反応が起こらなくなってしまいます。

 

肛門周囲の清潔を保ちましょう

 

肛門を清潔に保つには、紙で拭き取るだけでは不十分です。
すでに痔になっている人は、理想を言えば排便ごとにお湯を使って
おしりを洗う座浴がいいですが、それは、なかなか難しいと思います。

 

なので、温水洗浄式便座を利用するのがお薦めです。
実は、これだけで、永年の痔が治ったという人もいます

 

注意点としては、温水刺激によって排便を促している人も
多いと言われ、排便を温水刺激に頼ってしまうと
温水器がないと排便できないという癖がついてしまう人もいるようです。

人は習慣の生き物と言われていますが、良くも悪くもですね。
同様に、便秘薬などもそうです。薬は必要悪と認識しましょう。

 

ストレス対策について

 

過度なストレスは、腸の蠕動運動をコントロールしている
自律神経のバランスが乱します。その為、ストレスに上手に対処できないと
けいれん性便秘や過敏性腸症候群を起こしやすくなります。

適度なストレスは、身体にとってプラスに働きますが
行き過ぎたストレスは、交感神経の過緊張から、血管の収縮を起こし
結果として、血流の悪化を招きます。

スポンサードリンク

 

2014y07m05d_113727159

 

特に痔は、肛門周辺部の血流が悪くなっている事が
関係しているので、ストレス解消の為の対策を打っておく必要があります。

爪の生え際を刺激する爪もみなどを行って、
行き過ぎた、交感神経優位な状態を、改善するようにしましょう。

 

適度な運動に予防体操

 

運動不足では、排便する為の腹筋が弱くなり、また
大腸本来の運動リズムも乱れます。病気で、寝たきりになってしまうと
自分の力で、排便できなくなるのは、腹筋が弱くなってしまうからです。

 

積極的に身体を動かして腸の働きを活発にしましょう。
姿勢を伸ばしてのウォーキングは、適度に腹筋をつけてくれます。

 

肛門体操は、東京理科大の原田茂教授が開発した方法です。

肛門を上に引き上げるようなイメージ(便を切るような感じ)で
2~3回肛門を締めたらゆるめたりする肛門体操は、
肛門括約筋を鍛え、脱肛を防ぎます。

手軽に括約筋を鍛えることができるので、意識してやってみましょう。

 

座り方はどんな感じがいい?

 

痔持ちの人でなくても、正座をして長く続けていると、
何となく肛門周辺に違和感を感じます。それだけ、負担がかかっているわけで
痔持ちの人は更に悪化させてしまいます。

柔らかいソフォーも、座り始めは、よくても時間がかかると
沈んだところから、肛門周囲に負担がかかるのを感じます。

少し固めのところに座るのがベストです。痛みが辛い場合は
真ん中に穴が空いている円座などを利用するようにしましょう。

 

※ 出血したら自己判断しないこと

 

痔では、慢性的な出血から貧血になることも多く
腰の下に枕を入れるなどして、おしりの位置を心臓より高くして
休むことがすすめられています。

 

また、血便が続いたり、急に便秘になったりと下痢と便秘を
繰り返すといった症状がある場合は大腸がんや直腸がんの恐れもあるので、
一度、専門医の診断を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 09.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014y07m08d_143102550
  2. 2014y07m15d_113435158
  3. 2014y07m16d_113226650
  4. 2014y07m11d_135153702
  5. 2014y07m10d_161136665
  6. 2014y07m08d_091848227

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp