花粉症の対策・腸内環境を整えて免疫力アップを!体質改善とセルフケアで必要なこと

この記事は2分で読めます

2015y04m29d_091551836

 

花粉症の辛い症状を根本的に改善するには
免疫の最前線である、腸内環境を整えることが大切です。

日頃、食べている食事を、少し変えて
腸にやさしい生活を行えば、症状の緩和が期待できます。

スポンサーリンク

花粉症は、花粉が原因で起こるアレルギーの病気。

 

花粉そのものは、本来、身体の害にはならないものですが
免疫システムが有害なものと判断してしまい
攻撃することから起こります。

すると花粉を身体の外へと出そうとして
クシャミや鼻水などの症状が起こります。

 

反対に、免疫システムを正常に戻すことで
花粉症を予防・改善できるということになります。

 

 

身体の免疫システムを考えるには、
第二の脳と呼ばれ、

たくさんの免疫機能を持つ腸の働きをよくする
必要があります。

 

免疫細胞の、凡そ70%~80%は、腸内にあります。

事実、花粉症で、治療を行っている人の多くが
腸の働きが悪くなっていて、便秘気味の人。

 

 

腸内環境を整えるには、善玉菌優位の環境にすること

 

まずは、栄養バランスの良い食事を
規則正しく摂るようにする事が基本です。

さらに次のような腸によい食べ物を
積極的にとりましょう。

 

発酵食品、ネバネバ食品やぬめりのある食品の摂取を

納豆やヨーグルトなどの発酵食品や
もずく、めかぶ、オクラ、モロヘイヤなどの
ぬめり成分を含む食品がオススメ。

腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

 

キノコ
免疫反応を正常にするβグルカンが含まれています。

 

シソ
腸の炎症を抑えて、腸の働きをよくします。
また、鼻や目の炎症も改善します。

 

 

食事以外でできる日常生活の工夫とは

 

生活のなかでは、花粉をつけない、
取り除くを心がけましょう。

スポンサードリンク

外出するときは、ゴーグルやマスクの装着
帽子などをつけて花粉が付着するのを防ぐようにします。

 

帰宅したときは、体についた花粉をはらって
家に入り、手洗い、うがい、洗顔を。

つらい症状をすぐに改善したいときは
アレルギー性鼻炎の薬(抗アレルギー薬)の使用を

 

 

花粉症によい漢方薬って?

 

漢方薬と言えば、西洋薬に比べて
長く飲まないと、効かないというイメージがありますが

自分にあったものを正しく使えば
即効性が期待できる場合もあります。

 

例えば、葛根湯
蓄膿症が併発している人で、
ねばりのある鼻水が出る人に。

 

小青竜湯
サラサラとした水のような鼻水が
途切れなく出てくる人に

 

 

指先のツボ押しで、症状も改善する?

 

東洋医学によると、花粉症は、冷たい食べ物や
飲み物の摂り過ぎなどが原因で、
内蔵が冷えて起こると考えられています。

肺をはじめとした、内蔵の冷えを取り除くには
ツボ刺激がオススメ。

 

どこにでも簡単にできるのが手の指先のツボ刺激です。

 

 

そのツボは手の指の爪の両脇にあります。
爪の生え際あたりです。

 

最近では、爪もみなどの言葉で
知られるようになりましたが

副交感神経を刺激して、血管を広げ
血液の流れをよくする事が期待できます。

 

両手にある指を10秒間ずつ、揉むようにすることで
身体がポカポカしてくるのを実感できます。

 

 

生活環境や仕事、人間関係など
何かと、過度なストレスを受けやすい現代人は
自律神経の乱れから、免疫系のバランスを
崩している人も多いようです。

 

花粉症のセルフケアとしては、
まずは、食事の改善から、腸内環境をよくすることを
試みることから始めてみましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 04.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y06m06d_090448431
  2. 2015y10m17d_190958936
  3. 2015y10m14d_102249223
  4. 2015y11m16d_084845021
  5. 2015y10m31d_092302165
  6. 2014y08m19d_085704122

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp