腸もみで蠕動運動を促して便秘の解消を!腸もみのやり方(ツボ刺激)と注意点

この記事は3分で読めます

 

腸は植物に例えると根っこに当たる部分になります。

根は、地中から、水分や栄養素を吸収しますが
根が腐ってくると栄養素の吸収が悪くなり
茎や葉の成長も悪くなります。

スポンサーリンク

人間の場合、植物の根に当たる部分が腸になります。

食生活をはじめとした、生活習慣の乱れ、
過度なストレスなどの影響を受けて、

現代人には、腸が硬くなっている人が多くなっています。

 

 

硬くなるということは、細胞の代謝が悪い
そして、その組織や器官の働きが悪いということにつながります。

 

おへその周囲や下腹部を指で押してみて
脂肪の奥にしこりのような硬い部分の存在を感じたら
それは、腸が冷えている証拠です

 

特に、腸は冷えなどが原因で硬くなってきます。
硬くなっているということは腸の働きが悪くなっているということ。

その為、栄養素の吸収が低下していることや、
老廃物の排泄が悪くなっていることが想定されます。

 

腸内環境がかなり悪くなっている状態です。

 

 

 

腸もみは、この硬くなった腸を柔らかくしてくれます。

 

マッサージで柔らかくほぐすことによって、
腸の活動を活発化させて、身体の中に溜まっていたものを
排出できるということです。

腸もみは単純に腸の働きを促して、
便秘解消をさせるだけの健康法ではなく、
腸内にたまった老廃物を出すことが出来るというのが
最大のポイント。

 

 

 

腸もみの基本的なやり方とは?

 

2015y04m30d_185228693

 

腸もみはは、腸をなぞるように
下腹をもみほぐすのが基本のやり方です。

 

自宅で簡単に行うことができ、空き瓶を使えば、
治療に匹敵する程の効果を得られるという報告もあります。

腸もみは、腸自体の働きを全体的にサポートするため
腸の蠕動運動をスムーズにする効果が期待できます。

 

 

また、なぞるようにもみほぐすことで、
下腹物にある4ヶ所の腸機能改善のツボに
刺激を与えることも可能です。

スポンサードリンク

 

 

それらのツボを刺激すると、水毒や淤血といった
身体の老廃物を、腸に滞留した便といっしょに
体外へと排出することに役立つこともわかっています。

 

 

それに加えて、生体エネルギーである
気を整える作用があるのも特徴です。

 

腸のもみを実際に行う前に、
下腹部を手のひらで反時計まわりにゆっくりとさすって、

体に滞留した悪い気を外へ送り出し、
次は時計回りでさすり、体に新しい気を送り込んでみましょう。

 

 

もんでみて、少し痛いと感じるヶ所や
ゴロゴロしている部分があったら、古い便がたまっている証拠。

 

そこを念入りにもみほぐしていけば
しだいに、しこりも柔らかくなり、痛みもとれてきます。

 

寝る前に行うと、翌朝、快調なお通じが期待できます。

 

 

腸もみの注意点としては、食後、すぐ行うと、
消化を妨げる恐れがあるので避ける事です。

また、お腹を下している時や女性では、生理中、
妊娠中には、行わないようにしましょう。

 

うまく便がでたら、ヨーグルト(植物性)や
食物繊維豊富な野菜を食べ、腸内環境の活性化に努めましょう。

 

腸をもむ特には、ツボを意識することが効果をあげるコツです。

 

2015y04m30d_185550988

 

大脳の機能を高める天枢のツボ(おへそから、指3本あたり)

おけつや水毒がたまりやすい大巨のツボ
(天枢からさらに指3本下あたり)

この4ヶ所を、特に意識しておくことです。

 

 

押したら痛みがあるけど、気持ちがいいのがツボになりますが
わかりにくければ、腸の流れに添って下腹に大きく
「の」の字を描くようにすればOKです。

 

 

腸もみによって腸に溜まっていた汚れが落ちてくると
血行もよくなるので栄養素を吸収しやすい身体になります。

腸の働きがよくなれば、体調の変化
体が元気になってくるのを実感できるはずです。

 

まずは、無理のないところで、続けてみるようにしましょう。
翌日、便通などで、効果を感じたら、是非に。

腸もみはが、自分にあっていると思ったら、
寝る前に行う、習慣づけしてしまう方がいいですね。

スポンサードリンク
  • 2015 09.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp