大腸ポリープ・良性か悪性かの判断はサイズによる。三つの切除治療法

この記事は3分で読めます

2015y05m01d_114304519

 

大腸ポリープは、大腸にできたイボ状の腫瘍、
そのほとんどが良性です。

ポリープは、管腔臓器の表面から内腔へ向かってできた
イボやこぶのような腫瘍で、大腸の粘膜にできたものを
大腸ポリープと呼んでいます。

スポンサーリンク

ポリープの95%以上はその後も良性のままで
推移してくのが通常です。

但し、何かの刺激から腫瘍細胞の異変が生じてしまうと
初期の頃は良性であっても、次第にがん化する可能性は
ゼロではありません。

 

胃にできたポリープであれば、がんへと進行する確率は、
1%程度と言われていますが、

大腸ポリープの場合は、サイズが大きくなればなる程
がん化の危険度が増していきます。

 

 

ポリープのサイズ、1センチ~2センチでは、
25%程度、2センチを超えるサイズになってくると、
60%とかなり、危険度が増していきます。

また、大腸ポリープ自体は、男性に多く見られますが、
がんへと進行する確率は、女性の方が高くなります。

 

 

ポリープができる原因は、食物繊維の不足、
タンパク質、脂質のとりすぎが一因としてあげられます。

2015y05m01d_110232869

 

昭和、40年代から、欧米化した食事が
広く日本人の食卓にひろがってきましたが
それに連れて、大腸がんにかかる人が増えてきました。

 

 

 

大腸ポリープは、働き盛りの40歳代から増え始め、
年齢があがるほどできやすくなります。

 

大きさはさまざまで、定期検診がたいせつ

 

病院で行われる検査は、大腸内視鏡検査で、
組織を内視鏡下で、採取して

それから、病理学的検査を行って
がん化しているかどうかの診断が行われます。

 

 

 

ポリープの大きさはさまざまで、形態的には、
根元がくびれて茎があるものとないものとがあります。

 

直腸やS状結腸に1センチ以上のポリープができると、
便の通過を邪魔するだけでなく、ポリープが便にこすられて
血便が出ることもあります。

 

便に血が混じったり、便が細くなったりしたときは、
すぐ検査したほうが賢明。

スポンサードリンク

ただ、一般的には、大腸検診などで、内視鏡検査を受けて
偶然発見されたという例がほとんどです。

 

 

検査でポリープが見つかったときは、その大きさ、形態の様子で、
その後がんになりやすいものは、すぐ切除し、
小さいものや組織的に安全なものは、経過を見ていきます。

その後の定期的な検査を受けることが大切です。

 

2015y05m01d_113247408

 

 

ポリープが見つかった時の治療法って?

大腸ポリープの多くは、内視鏡で切除することができますが

多発しているものや大きいサイズのものは
腸の切除とともなう治療が必要になることもあります。

 

一般に行われる内視鏡による治療には、
三つの方法があります。

 

1、ホットバイオプシー

これは、ポリープになっているところを
切除しながら、電気の力を使って
切り取ったところを固めるといったものです。

比較的、小さなポリープに対して行われます。

 

2、スネアポリペクトミー

特殊な輪を使って、ポリープの茎の部分を
絞り上げて、電気を使って焼き切ってしまう方法。

多くの病院で一般に行われています。
基本的に入院は必要がありません。

 

3、内視鏡的粘膜切除術

大腸ポリープの基部に生理的食塩水を注入して
ポリープを浮かせて切除する方法。

入院が必要になる場合があります。

 

 

 

大腸ポリープは大腸全体にわたって発生します。
特に発生しやすいヶ所は、直腸とS状結腸です

また、ある程度の大きさになるまで、自覚症状がないので
ポリープの有無を確認するには、大腸内検査を行う必要があります。

 

いつも、大便の匂いがかなりきつい人などは
腸が大分疲れていることが考えられるので
検査を受けてみるのがいいかもしれません。

 

予防の為の、日常生活の注意点として
普段、欧米化した食事内容が多い人は、
できるだけ、和食に戻すようにして

食物繊維を意識して摂るようにしましょう。
それと、適度な運動も、大腸の健康の為にも必要です。

スポンサードリンク
  • 2015 09.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y08m15d_184735181
  2. 2015y05m04d_090944547
  3. 2015y04m28d_090148258
  4. 2015y11m15d_142216315
  5. 2016y07m22d_195548666
  6. 2015y09m20d_190153897

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp