腸内環境を整えるには食事が大切!増やす食べ物控える食品食材は?

この記事は3分で読めます

 

腸内環境の良し悪しは、アンチエイジングや健康づくりに
重要なファクターになります。ちょうど、植物で言えば、根っこの
部分にあたるのが腸の中の環境です。

その腸の中の環境が良いか悪いかの判断になるのが便の状態で、
それは日々の健康のバロメーターになります。

食事のこなれ具合により消化の善し悪し、
硬さや柔らかさによって、今精神がどれだけストレス環境に、
さらされているかなどがわかります。

スポンサーリンク

 

食物繊維を摂るようにしましょう

 

腸内環境を整えて、腸内に生息している細菌を、善玉菌優位な状態にし
良い便にするために、まず、一番大切なのが食物繊維を摂るようにすることです。

40年代の日本人が摂っていた食物繊維の量は、平均で27gでしたが
現代人は、せいぜいとって、10g程度と言われています。

 

当時の人は、三度の食事はご飯に、具沢山の味噌汁が基本。
そして、炊いた野菜を摂ることで、平均27gの食物繊維を賄っていました。

現在、大腸がんは、がんの中でも急激に増えてきていますが、40年代頃には
日本人で、大腸がんにかかる人は、非常に少なかったそうで
このことからも食物繊維を摂ることの重要性がわかります。

 

腸内にできた発がん物質も、食物繊維が十分にあると発がん物質を包み込んでくれ
しかも、早く身体の外に排出してくれるため、大腸がんを未然に防いでくれます。

 

食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがあって、水溶性の繊維は
水分を吸収して、下痢便に対しては、固めてくれる働きをしてくれます。

反対に、不溶性の繊維は、大腸内で、便のカサを増やしてくれ、
それが腸内で広がってくると、強烈な蠕動運動が起こる事になります。

 

便の量が十分な状態になると蠕動運動が起こり、固形物が押し出されますが
繊維が少ないと、便のカサが増えないので、便秘になりがちになり、ストレスで
腸が動いた時には、液体を固める要素がないことから下痢になります。

 

食事の時に、食物繊維が摂っているかどうかを改めて意識してみると
ほとんど摂っていないことがわかりますね。特に外食が増えてくる時などは
まず、野菜の量がどうしても少なくなります。

 

動物性食品やオメガ6の油は控えましょう!

 

食物繊維の摂取量が減ったのとは反対に、増えているのが脂肪とか動物性蛋白質です。

スポンサードリンク

最近、増えてきている腸の難病にクローン病がありますが
欧米化した食事や食物繊維の不足が深く関係している病気と言われています。

 

さいがた病院で、消化器が専門の松枝医師によると

クローン病では、蛋白質をアミノ酸に置き換えて、油をリノール酸など
オメガ6系の油から、オメガ3系(シソ、エゴマ、亜麻仁)の油にすると良い結果に
つながると述べています。

 

オメガ6系の油は、体内でアレルギーを起こす物質をつくるのに対して
オメガ3系の油は、アレルギー発生のブレーキをかけてくれます。

スーパーなどの売りだして売られている油は、その多くは、オメガ6系の油です。
自分が思っている以上に、油を摂っている事が考えられるので
とりすぎには、十分気をつけましょう。

 

動物性蛋白質、お肉には食物繊維が少なく、便のカサが少なくなってしまうのと
脂肪分が胆汁酸の分泌を増やしてしまい、その分大腸がんのリスクが
高まってしまうようです。

 

発酵食品を多く摂ること、汚染した食品は避けましょう。

2014y07m06d_103229337
発酵食品は、腸内細菌の善玉菌、乳酸菌を増やしてくれます。
良く、健康雑誌などにヨーグルトを摂ることを進めていますが
できれば、動物性の乳酸菌よりも植物性のものがいいようです。

納豆や味噌汁などの大豆加工食品や漬物など、植物性乳酸菌がお薦めです。
最近は、豆乳を使ったヨーグルトが出ていたり、家庭でも豆乳から
手軽に作れる器具もあるので、そういったものを利用するといいですね。

 

市販されている卵や肉の中には、ホルモン剤や抗生物質などが
含まれているものもあったりして、知らないうちに身体に取り入れて
しまっているという事もあります。

農薬や食品添加物もあります。微量であっても、毎日、腸の中に
入ってくると、排泄されずに、腸内環境を悪くしてしまうこともあるので
注意したいところです。

 

本当は、商品を買う時には、ハッキリと明示してくれればいいのですが
なかなか、そうはいかない事情があるのでしょう。

スポンサードリンク
  • 2015 09.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp