カテゴリー:アンチエイジング・老化

  1. 成長ホルモンは、身体の中で分泌されるホルモンで、 脳の深部にある脳下垂体から分泌されます。 実に、191個のアミノ酸が集まってできているんですね。 人の成長を促進させることを主な役割として成長著しい、 幼児期…

  2. 糖化は、ブドウ糖などの糖が、体の中にあるタンパク質や中性脂肪、 コレステロールなどの脂質に働きかけて、変化する反応のことをいいます。 糖化が起こると、その反応による老廃物が多くたまり さまざまな病気を引き起こし…

  3. 女性ホルモンの代表が、エストロゲンです。エストロゲンは、卵巣で分泌される天然のホルモン。 そして、エストロゲンは、女性ホルモンのなかでも最も重要なホルモンのひとつです。 膣、子宮内膜の周期的な変化という女性の生殖…

  4. 年齢を重ねても、いつも若々しく見える人は やっぱり魅力的な印象を受けるもの! 老化の流れは止めることは出来なくても その進行のスピードは、ちょっとした生活の工夫で 遅らせることも可能です。 ココ数年、ア…

  5. 終末糖化産物AGE対策として、大切なのはいかに血糖値を抑えるかにあります。 お腹がへっている時だけでなく、食後に上昇する血糖値には特に注意をしましょう。 急激な血糖値の上昇は、身体の負担を与えるだけでなく、…

  6. ココ数年、AGEという物質が、活性酸素と同様に 人の老化現象を引き起こす物質であることが分かり にわかに注目を集めるようになっています。 終末糖化産物AGEは、タンパク質と糖が 身体の中で結びついてできる物質…

  7. ポリフェノールという言葉が広く知られるようになった きっかけになったのが赤ワインです。 欧米人には、冠動脈硬化が原因になる虚血性心疾患が多いですが それは、欧米化した食事、動物性の脂肪を多く摂るからだと 言わ…

  8. 脳の老化を防ぐには、適度な刺激が必要です。 特に年をとってから、脳をほとんど働かせない、受身の状態で 生活をしていると、脳の老化のスピードが上がります。 常に新しい刺激を脳に与えてあげることが 脳の老化を防ぐ…

  9. 皮膚の老化の原因のおよそ80パーセントは、 光老化と言われています。太陽光の紫外線のなかには、 紫外線A波と紫外線B波がありますが、皮膚の老化には主にA波が影響しています。 オゾン層の破壊が、強く影響していると…

  10. 現在、世界の生物学者の共通した見解によると、人の寿命は125歳という 事になっているそうです。 これは、最低でも自分の事は自分でできる状態で125歳ということです。 ただ、いくら長生きしても、寝たきりやボケ…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp