カテゴリー:健康情報

  1. 運動は、労作性狭心症の引き金となるなど心臓に負担を かけてしまう?などマイナスのイメージあるかもしれませんが 安静ばかりでは、心臓に良いわけではありません。 虚血性心疾患の予防にも、病気をした後のリハビリの為に…

  2. 睡眠をシッカリとって 脳を一旦リセットすることが ストレスから心身を守り、 生産性へ向けて、新たな一歩を 踏み出すことにつながります。 (さらに…)…

  3. 最近、テレビの情報・健康番組などで、 特集が組まれるほど、美容や健康に良いということで、 人気を集めているのがココナッツオイルです。 お肌がキレイになる、優れたダイエット効果などで 女性を中心に、食生活へ取り…

  4. 群発地震のように何度でも おそってくる片頭痛の痛み・・・ なった人しかわからない 辛いつらい、症状ですね。 症状が現れた時、 痛みを緩和させる為の 適切な対処も必要ですが、 (さらに&hell…

  5. ”自分の健康は自分で守る” 医療費の高騰や高齢化が本格化 してくる時代には、必須の考え方に なってくると思います。 必要な健康情報と自分の体の事は 自分である程度判断できるスキルは 身につけておきたい…

  6. 健康寿命を縮めてしまう要因の一つである 尿漏れ、頻尿などの尿トラブルは、男女によって、 典型的な症状は異なりますが 多くの場合は、そのどちらも 骨盤底筋の衰えが関わっていることが多いと言われています。 …

  7. 脳卒中の発症に密接に関係しているのが 血管の老化である動脈硬化です。 そして、毎日、運動を習慣的に行っている人は、 この動脈硬化に対して、予防や改善効果を発揮してくれます。 (さらに…)…

  8. 足の衰えは老化のはじまり などと言われることがあります。 普段から足腰を鍛えておくことは 健康にも老化予防にも 良いということは わかっているんだけど・・・ (さらに…)…

  9. ストレスと糖尿病の関係には、 まだまだ不明な点が沢山ありますが、 ストレスで分泌されるストレスホルモンが、 インスリンの働きを低下させることは ある程度わかってきています。 (さらに…)…

  10. 適度な昼寝は、アルツハイマーを 予防する効果があるとしたら・・・ 人が眠気を感じる時間帯というのが 1日のなかで2度程度あります。 お昼ご飯の後の1時から2時にかけてと 夜の9時から12時にかけてです。…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp