1. 目の周囲は、毛細血管の多いところです。 使いすぎ、物理的、精神的ストレスを感じる生活を続けていると どうしても、血流が悪くなってしまいます。 その結果、疲れ目から、眼精疲労、そして視力の低下を招きます。 …

  2. 日本では、糖尿病や高血圧など 生活習慣病の増加により、 それにともなって腎臓にトラブルを 抱えている人が増えています。 腎臓は、毛細血管の塊なのですが、 血管にダメージを与える…

  3. 健康番組では、もはや定番と言われるくらい 内臓脂肪を減らすことの必要性が叫ばれています。 改めて、内臓脂肪は内臓そのもにつく脂肪ではなく 内臓と内蔵の隙間や腹筋の内側についた脂肪のこと。 動脈硬化を促進さ…

  4. 冬場の冷え対策として、 まずは、服装に注意することは 冷えを改善する上で、 はじめの大切な第一歩になります。 衣服は普段から、 ズボンやロングスカートにして、 靴下は5本指靴下…

  5. ホモシステインの血中濃度が上昇してくると 酸素や水と反応し活性酸素が発生します。 その過程で、さらに多くのフリーラジカルが生じ、 これが血管の内皮細胞を傷つけ、血管拡張物質の働きを抑えるので、 血管の柔軟性を…

  6. ビタミンKは脂溶性のビタミン。血液凝固や骨の形成には 欠かせないビタミンです。天然型のビタミンKには、緑色野菜や 海藻類に多いK1と細菌が作り出すK2があります。 K2は腸内細菌によって体の中でも合成できますが…

  7. 唾液量が減ってくると 思わぬ病気や体に様々なトラブルを 発生させることにつながります。 深刻な状態になる前に ”唾液量が少なくなる”という 体の危険信号に気づくことが 大切です。 (さらに&h…

  8. 膵臓は、食べ物の消化や血糖に関係する大切な臓器です。 その主な働きは食事で摂った食べ物を 分解していく消化液をつくること、 そして、血中のブドウ糖を細胞内に取り込む上で必要な インスリンを生成することです…

  9. 血圧が基準値より高いと病院では 降圧剤が処方されますね。 数年前までは、高血圧の基準値は、 測定値プラス年齢だったのが 160になり、現在は140になっています。 (さらに…)…

  10. 低血圧は一般に最高血圧で100ミリ以下、 最低血圧で60ミリ以下とされていますが、 高血圧ほどその基準値は重要視されていません。 また、低血圧がどうかの判断が難しく その多くは生命に直接関わりがないということ…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp