1. 握力が強い中高年ほど 病気による死亡率が低くなるという 調査結果を 日米共同研究機関である 放射線影響研究所の 佐々木英夫専門委員らの 研究グループがまとめ発表した ものがあります。 (さらに&…

  2. 日本では、近い将来 2人に1人ががんで亡くなると 言われています。 医学界だけでなく 健康を普通に願う、一般の人達にとっても 身近で切実な問題・・・ (さらに…)…

  3. 睡眠をシッカリとって 脳を一旦リセットすることが ストレスから心身を守り、 生産性へ向けて、新たな一歩を 踏み出すことにつながります。 (さらに…)…

  4. 最近、テレビの情報・健康番組などで、 特集が組まれるほど、美容や健康に良いということで、 人気を集めているのがココナッツオイルです。 お肌がキレイになる、優れたダイエット効果などで 女性を中心に、食生活へ取り…

  5. 群発地震のように何度でも おそってくる片頭痛の痛み・・・ なった人しかわからない 辛いつらい、症状ですね。 症状が現れた時、 痛みを緩和させる為の 適切な対処も必要ですが、 (さらに&hell…

  6. 他のホルモンと同様に、 男性のテストステロンの分泌量は 20代をピークに減りはじめ それ以降、下降の一途をたどります。 どうせ減っていくのなら 右肩下がりのカーブを少しでも 緩やかにして 人生を…

  7. 健康寿命を縮めてしまう要因の一つである 尿漏れ、頻尿などの尿トラブルは、男女によって、 典型的な症状は異なりますが 多くの場合は、そのどちらも 骨盤底筋の衰えが関わっていることが多いと言われています。 …

  8. 脳卒中の発症に密接に関係しているのが 血管の老化である動脈硬化です。 そして、毎日、運動を習慣的に行っている人は、 この動脈硬化に対して、予防や改善効果を発揮してくれます。 (さらに…)…

  9. 足の衰えは老化のはじまり などと言われることがあります。 普段から足腰を鍛えておくことは 健康にも老化予防にも 良いということは わかっているんだけど・・・ (さらに…)…

  10. ストレスと糖尿病の関係には、 まだまだ不明な点が沢山ありますが、 ストレスで分泌されるストレスホルモンが、 インスリンの働きを低下させることは ある程度わかってきています。 (さらに…)…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp