1. 「ガスがでない!」これ私の父がよく言っていた言葉です。 チョッと神経質な父でしたが、本人にとっては、かなり気になる 症状だったようで、朝から出ない時は出るまで騒いでいました。 ある程度の年齢になると人目をはばか…

  2. 脳の働きを良くし、記憶力をアップさせるには 記憶を司っている海馬の活性化を図ることが大切です。 脳の組織の中でも海馬の細胞は、年をとってからでも 増やせる事がわかっています。 しかし、適度に使って刺激を与…

  3. 持久力は運動を長い時間、継続していける為の能力で、 特に心肺機能の高さを示します。 加齢とともに次第に低下していくものですが、 体の生理に合わせた食事を工夫しながら適度な運動を 続けることで、一定レベルの持久…

  4. ストレス過多の生活を長いこと送っていると 負のエネルギーの歪みに耐えかねて、 体は様々な不快な症状を出してSOSを送ってきます。 通常であれば、何かストレスがあると 副腎から抗ストレスホルモンを分泌して対抗し…

  5. 人間は、糖質(炭水化物)を口の中の唾液と 十二指腸で膵臓から分泌されるアミラーゼという消化酵素で ブトウ糖というサイズまで分解していきます。 糖質は三大栄養素の一つであり、 体を動かすエネルギーの元になるもの…

  6. 腸は植物に例えると根っこに当たる部分になります。 根は、地中から、水分や栄養素を吸収しますが 根が腐ってくると栄養素の吸収が悪くなり 茎や葉の成長も悪くなります。 (さらに…)…

  7. 血糖値が急激に上昇すると それを下げようとインスリンを分泌して 細胞内に取り入れようとします。 そして、急激に血糖値が下がってしまうことで 精神的なイライラ感が増していきます。 (さらに&hellip…

  8. 長いこと下痢が続いてしまうと 食事をすること自体に恐怖心を感じてしまう人もいるでしょう。 その恐怖心がストレスになり、 交感神経の緊張から、血流の悪化、消化器系への血流不足 腸内環境を悪化させてしまうものです…

  9. 朝起きた時に顔のむくみが気になってしまう 夕方になるといつも足がむくんできてしまう 重力の影響で、むくんでしまうのは問題がないにしても むくみやすい体質は肥満の原因にもなりやすいと言われています。 また、…

  10. 高脂肪で、高タンパクの食事、俗に言われる「食生活の欧米化」により 胆嚢で起こる病気が増えています。 胆嚢は、肝臓から分泌される胆汁を貯める働きをしているところです。 胆嚢の病気で代表的なものが、胆石ができる…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp