1. 便秘の怖さは、万病のもとになることです。 お腹がスッキリした感じにならないと、 気分的にも何となく体調不良を感じるものです。 特に便秘は、食生活を中心とした、 生活パターンに関係するだけに、体から発せられ…

  2. 季節の変わり目は、体調を崩しやすい時期です。 特に梅雨に入ってくると、温度や湿度が不安定になり それにつれて、体内環境にも変化が起こりやすくなります。 交感神経の緊張から、血流の悪化を起こしやすくなり 腰…

  3. 皮膚の老化の原因のおよそ80パーセントは、 光老化と言われています。太陽光の紫外線のなかには、 紫外線A波と紫外線B波がありますが、皮膚の老化には主にA波が影響しています。 オゾン層の破壊が、強く影響していると…

  4. 健康で元気に長生きする為に、 必要な条件の一つが、人とのコミュニケーションです。 健康面は、人生での他の分野と密接に関係しています。 最近は、高齢者の精神的な健康問題 うつや、認知症などについて、関心が高…

  5. 昔から、老化は血管からはじまると言われていますが 血管の老化を促進させてしまうような 生活習慣を無意識に行っているのが現代人です。 気づかないうちに、血管の老化である動脈硬化を進行させて 脳梗塞や心筋梗塞への…

  6. 朝起きたら、やる気と活力が自然と湧いてくる 心身ともに、積極的なエネルギーが 内から湧いてくるような感覚をつくること 子供の頃には、誰もが持っていた、この心身の感覚を 蘇生させる事、健康づくりをする上で大切な…

  7. たかが、腰痛、されど腰痛などと言われますが なった人でないとわからないほど、大変、つらいものがあります。 痛みを和らげるために、湿布を利用したり あまりにも痛みがひどくなると、整形外科にいって 痛み止めの注射などを行う人もいると…

  8. 肥満は、生活習慣病をつくる温床となります。 肥満がきっかけで、糖尿病、高血圧など、 いわゆる、メタボから、細胞の新陳代謝の流れが悪くなり 心臓など、大切な臓器に負担をかけるようになります。 体重が増えるこ…

  9. コエンザイムQ10は、脂溶性ビタミンの仲間です。 コエンザイムは補酵素、Qはキノンという化合物の総称を意味しており 主に細胞内のミトコンドリアでエネルギーを産生する クエン酸サイクルで補酵素として働いています。…

  10. 健康診断などで、コレステロール値が高い、 または、中性脂肪値が高いなどと、指摘を受け、 そのまま、薬を飲む人も多いかと思います。 しかし、血中脂質の基準値については、 日本の常識と世界の常識には、かなりのギャ…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp