1. 胸焼けはみぞおちから胸の下あたりが 焼け付くような感じがして、チリチリしたものが 喉の方へあがっていく感じがする症状です。 横になると症状がひどくなり、人によっては、 胸焼けから、夜眠れなくなってしまう場合も…

  2. 年を重ねる事で訪れる 体の老化現象は、 腸においても例外ではありません。 それがきっかけになって 腸の不調が長らく続いている人も 多いのではないでしょうか。 (さらに…)…

  3. 脳卒中、心筋梗塞などの予防や その前身にあたる動脈硬化を改善するには 血管の健康づくりを意識することです。 老化が進むと、血管は次第に硬くなっていきますが 必要な栄養素を補うことで、 ある程度の年齢にな…

  4. 生まれてから死ぬまでの間 心臓が打つ鼓動の回数は決まっている と言われています。 その数は、約20億回と・・・ 鼓動の回数が早い人ほど 相対的に寿命は短いとの説も。 (さらに…)…

  5. 目は口ほどにモノを言うというのは 心の窓として、その人の本心が目に現れることを 示した言葉ですが、 心の状態だけでなく、体の健康状態をも適確に 表現してくれています。 目はそのときどきの体調やストレス、…

  6. 血流が悪くなるのは、 血管の90%を占めている 毛細血管の内径が狭くなったり 動脈硬化の進行で 血管内皮細胞(血液と血管が 接触しているところ)が (さらに…)…

  7. 高血圧の状態が長期にわたって続いてしまうと 血管が傷つく確率が上がると同時に 修復の働きも間に合わなくなります。 やがて、血管の老化である動脈硬化が進行し 血栓により詰まりや血管そのものが切れてしまうなどの …

  8. 体は疲れているはずなのに なぜか、なかなか眠れない。 疲れてるんだから 良く眠れるはずなんだけど・・・ 眠ろうと思えば思うほど 逆にますます、目が冴えてきた なんて人は意外と多いようですね。 …

  9. メラトニンは睡眠を深める効果だけでなく、 不安を和らげたり、鬱々した気分を晴らしてくれます。 そして、集中力やモティベーションを高める効果も 間接的になりますが、期待ができます。 メラトニンは、太陽が沈む…

  10. DNA・遺伝子の中には 人間がオギャーと生まれた時から 既に、がんを発生させる ものがあります。 しかし、通常なら、 がん遺伝子のスイッチは ”オン”にならないので、 がんは発症しません。 …

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp