1. 肥満は、生活習慣病をつくる温床となります。 肥満がきっかけで、糖尿病、高血圧など、 いわゆる、メタボから、細胞の新陳代謝の流れが悪くなり 心臓など、大切な臓器に負担をかけるようになります。 体重が増えるこ…

  2. コエンザイムQ10は、脂溶性ビタミンの仲間です。 コエンザイムは補酵素、Qはキノンという化合物の総称を意味しており 主に細胞内のミトコンドリアでエネルギーを産生する クエン酸サイクルで補酵素として働いています。…

  3. 健康診断などで、コレステロール値が高い、 または、中性脂肪値が高いなどと、指摘を受け、 そのまま、薬を飲む人も多いかと思います。 しかし、血中脂質の基準値については、 日本の常識と世界の常識には、かなりのギャ…

  4. 歯周病は、普段の何気ないことから感染する病気です。 でも、多くの人がその認識がないようです。 日本では、5歳以上の凡そ7割近くが、そして、40歳を超えると 9割近くの人が歯周病にかかっていると言われています。…

  5. 更年期になるとホルモンバランスの乱れから、様々な心身の不調が現れてきます。 女性特有のものですが、最近では、男性にも更年期特有の症状に 悩みを抱えている人も増えていようです。 医療機関で行われている更年期障害の…

  6. 糖尿病の初期の段階では、目立った症状が特にない為 そのまま、見逃してしまう人が意外と多いようです。 今、日本では、5人に1人が、糖尿病の予備軍である 隠れ糖尿病にかかっているとも言われています。 また、本…

  7. 骨粗鬆症の患者さんは、日本では1300万人を超えています。 女性では、4人に1人が該当し、高齢になって大腿部を骨折後に 寝たきりや認知症への引き金になる事も多いと言われています。 骨への貯金は、若い頃からシッカ…

  8. お肉や卵など、動物性タンパク質の摂り過ぎで 胃腸内で、うまく消化できない状態にあると、 インドールやスカトール、硫化水素にアンモニア等など 身体にとって有害なガスが溜まっていきます。 おならによって、体外…

  9. 暑い季節になってくると、気を付けなかればならいのが食中毒です。 食べ物の管理にも注意が必要ですが、暑さや睡眠不足から起こる 免疫力や体力の低下による細菌感染にも気をつけましょう。 最近では、食中毒になる人も年々…

  10. ゴールデンウィークが明けに、 特に注意しなくてはいけないのが5月病です。 仕事に向かう時、ゴールデンウィーク前の 高揚感はどこ吹く風で、 何となく、体がダルイ、やる気がでない 気分が重たい、チョッとした…

RETURN TOP

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp